【明治ラグビー】主将石田吉平が受けた誹謗中傷とは?卒業後の進路は決まっている?

【明治ラグビー】主将石田吉平が受けた誹謗中傷とは?卒業後の進路は決まっている?

明治大学ラグビー部の主将、石田吉平選手は東京オリンピックにも出場しました。日本代表チーム唯一の大学生として注目をあびる一方、誹謗中傷を受けていました。

なぜ誹謗中傷を受けていたのか?それには主将ならではの重圧がありました。

明治大学は2022年12月25日、日本大学ラグビーフットボール選手権早明戦で2022年シーズンを終えました。

大学4年生の石田選手の卒業後の進路は決まっているのでしょうか?

目次

石田吉平が受けた誹謗中傷とは?

石田選手はSNSで多くの誹謗中傷を受けたそうです。

石田選手は明治大学の主将をつとめながら、2021年に開催された東京オリンピックの7人制(通称セブンズ)の日本代表として大学生で唯一出場。

石田選手がチームから離れて代表活動のために活動するということを、一部のファンには理解してもらえなかったようです。

周囲の批判は覚悟の上で明治大学ラグビー部の主将についたようですが、その重圧はものすごいものだったでしょう。

正直きつかったし、孤独でしたし、つらかった。数えきれないくらい、ひとりで泣いた。でも、明治大のキャプテンなので、そういうこととも戦うことは当たり前だと思っていたし、日本一という景色を全員で見に行きたかった。チームメイトのみんながいたので、乗り越えられたし、人として成長できた。キャプテンになったから、明治のみんなが大好きになった

Sportiva

相当な重圧だったことが伺えます。ラグビー以外の戦いがあったんですね。

石田吉平の進路は決まっている?

卒業後の進路はまだ発表されていません。

過去の実績を考慮すると「NTT」「三井不動産」などに就職するかもしれませんね。

石田吉平のWiki風プロフィール

名前石田吉平(いしだきっぺい)
生年月日2000年4月28日
出身兵庫県
出身高校常翔学園高校
身長167cm
体重74kg

5歳の時に友達に誘われ、兵庫・尼崎ラグビースクールに入りました。

出身高校は常翔学園高校。3年時に花園でベスト8に進出。ユース五輪にもセブンズ日本代表として出場しました。

明治大学卒業後の目標は2024年のパリ五輪でのメダルを獲得すること。さらなる活躍に期待ですね!!

まとめ

明治大学ラグビー部の主将、石田吉平選手。

日本代表チーム唯一の大学生として東京オリンピックにも出場しました。

注目をあびる一方、明治大学ラグビー部の主将ならではの誹謗中傷を受けていました。チームから離れて代表活動のために活動するということを、一部のファンには理解してもらえなかったようです。

石田選手の卒業後の進路はまだ発表されていません。

わかり次第更新いたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次