【WBC侍ジャパン】ラース・ヌートバーは日本語を話せる?母親が埼玉出身で日本名は榎田達治!

日本語を話せる?母親が埼玉出身で日本名は榎田達治!

2023年3月のWBCで侍ジャパンに選ばれたアメリカ国籍のラーズ・ヌートバー選手。侍ジャパン初の日系メジャーリーガーになります。

ラーズ・ヌートバー選手はアメリカ人と日本人とのハーフ。カリフォルニア州出身ですが、日本語は話せるのでしょうか?

お母さんが埼玉県出身で「榎田達治」という日本名をもつヌートバー選手、納豆やさわび好き?!侍ジャパンのメンバーとして楽しみなヌートバー選手について調べてみました。

目次

ラース・ヌートバーは日本語を話せる?

ヌートバー選手は日本語をうまく話せないそうです。WCBでの日本代表活動中は大谷翔平(エンゼルス)の通訳をされている水原一平さんがサポートされるようです。

水原一平さんは大谷選手から絶大な信頼を寄せられている通訳さんですので、日本滞在中は心配ないでしょうね。

ヌートバー選手のお家には田中将大選手や元日本ハムの斎藤佑樹がホームステイに来ていたことがあるといいます。人見知りせず、みんなにかわいがられるタイプ。ムードメーカーでもあるというヌートバー選手、侍ジャパンにはすぐに馴染んでしまうでしょうね!

ラース・ヌートバーの母親は埼玉出身

ヌートバー選手のお母さんは埼玉県出身の日本人です。幼少期は年に1度、お母さんの実家がある埼玉県東松山市に帰省していたようです。

お父さんはオランダ系アメリカ人で大学時代に日本語を専攻、日本には語学留学や仕事で訪れるなど、親日家のようです。

そのため、ヌートバー選手のご自宅は靴を玄関で脱ぐ日本式。お米と味噌汁というような和食がよく食卓に並ぶようで、ヌートバー選手は納豆やわさびが好きで、カリカリ梅や、団子も食べるそうです。

ラース・ヌートバーの日本名は榎田達治

ヌートバー選手に日本名は「榎田達治(えのきだたつじ)」。祖父の名前に因んで、つけられました。

日本ではおじいさんの名前をそのままもらうことはあまりないと思うのですが、海外ではメジャーなことのようですね。

祖父の榎田達治さんもヌートバー選手のWBC選出を喜んでいるようです。

ラース・ヌートバーのWiki風プロフィール

名前ラーズ・テイラー=タツジ・ヌートバー
日本名榎田達治(えのきだたつじ)
生年月日1997年9月8日
出身カリフォルニア州
所属チームセントルイス・カージナルス
身長190.5㎝
体重95.3 kg

ヌートバーは5歳ころから野球を始めました。水泳やスキー、高校時代はアメリカンフットボールで主将も経験しています。スポーツ万能タイプですね。

お父さんのチャーリーさんは元野球選手。お母さんの久美子さんはソフトボール経験者。強豪として知られる埼玉・松山女子高校で活躍しました。。ヌートバー選手は3人兄弟の末っ子、お兄さんとお姉さんがいらっしゃいます。

まとめ

2023年3月のWBCで侍ジャパンに選ばれたアメリカ国籍のラーズ・ヌートバー選手。侍ジャパン初の日系メジャーリーガーになります。

ヌートバー選手は日本語はあまり話せないようですが、サポートは大谷選手の通訳である水原一平さんがされます。

人見知りせず、ムードメーカーというヌートバー選手、日本代表にはすぐに馴染んでしまうでしょうね。

ラース・ヌートバーの日本名は「榎田達治」。おじいさんの名前をそのままもらっています。

WBCでのヌートバー選手の活躍に注目ですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次